脱毛豆知識

日焼けしていると脱毛できなくなってしまうの?


お店で脱毛を受ける時に注意しなければいけないのが日焼けです。日焼けをしていると脱毛ができなくなってしまいますが、その理由は施術の内容にあります。


脱毛の為の施術の代表的なのがフラッシュやレーザーといった光線を利用する方式ですが、これらの施術は光の力で毛根を弱らせたり破壊するのが目的です。そして照射される光には黒い色素に反応するという特徴があるのです。


ムダ毛はメラニン色素を豊富に含んでいる為に黒く、光を照射をした時にもメラニンに反応して光が集約されます。それによって熱が蓄積されていき、毛根に負荷を掛けていくことができるのです。負荷をどんどん蓄積させていくことで脱毛ができますし、これがフラッシュやレーザーによる脱毛の仕組みです。


ところが日焼けをしている場合は皮膚にもメラニン色素が豊富に存在している状態ですので、照射をした時にも光が分散するようになってしまいます。ですから光が上手く反応せずに脱毛効果が弱くなり、本来の施術の効果を発揮することができなくなってしまうのです。


そればかりは皮膚にも光が反応してしまいますので肌トラブルの原因にもなってしまいます。特にレーザーは強力な光線ですから火傷といった症状が出る可能性が高く、肌の安全の為にも日焼けをしている場合は施術を行うことができないのです。ちなみに日焼けをしておらず、元々肌が黒い場合も同様に施術が難しくなりますので、生まれつき肌が黒かったりする場合も施術を拒否されてしまうことがあります。


なお、日焼けをしている時は基本的に脱毛は控えるようにすることが大切です。日焼けをしている肌は通常時よりも敏感な状態になっていますので、脱毛をしてしまうと肌を傷めてしまう恐れがあります。


その為、光やレーザーによる施術だけでなく、その他の施術も日焼け中は控えるようにした方が良いでしょう。もちろん自宅でのケアも肌に負担になりますので、極力控えた方が良いと言えます。