脱毛豆知識

Vライン脱毛の形やデザインについて


Vライン脱毛とも呼ばれるビキニライン脱毛は、身だしなみとして処理が欠かせない部分です。ムダ毛が生えている状態は他の人から見られたら恥ずかしいものですが、ビキニラインはアンダーヘアでもあるのでショーツや水着から出てしまった状態を他の人に見られるということは他の部位以上に恥ずかしいものでもあります。


ビキニライン脱毛は、ショーツからはみ出さない程度の処理は必要ですが、水泳部に所属していたりスイミングスクールに通っている人、体操やバレーなどでレオタードを着用する人では年間通して処理が欠かせないものです。とくに、Vラインのカットが深めの水着であればビキニライン脱毛も深めに処理をしておかなければなりません。


ビキニライン脱毛では、好みに合わせて形を作ってもらうことができます。サロンでビキニライン脱毛を行う時には、事前に自分で除毛処理をしてから施術を受ける必要があります。そのために、店舗によっては事前にテンプレートが用意されてその形に合わせて左右対称にきれいに剃っておかなければなりません。


普段の自分のスタイルに合わせて鋭角二等辺三角形にすることもでき、他にも台形の形をしたスクエア型や卵のような形をしたオーバル型、縦長の長方形をしたIライン型なども選ぶことができ、ハート型やスター型などアンダーヘアの形をデザインして残すこともできます。残す部分があれば手入れが大変になるものであり、全てのアンダーヘアを処理してしまう全処理型をハイジニーナと呼ばれています。


ビキニラインのムダ毛は数本程度しかないという人でも、毛抜きで抜いてしまうことはあまり好ましいものではありません。毛抜きで抜くことは肌を傷つけてしまったり埋没毛になる可能性が高く、足の付け根でもあるビキニラインは皮膚がデリケートであることから脱毛トラブルも多い部位です。


狭い範囲とはいっても肌トラブルがなく形もきれいに仕上げたいのなら、サロンなど専門のスタッフに処理をお願いするのが安心です。