香川コラム

香川の人気パワースポット 金刀比羅宮でのTPO ムダ毛処理もTPOが大事?

香川県のメイン観光名所 金刀比羅宮。香川県の西部にある象頭山の中腹にあり、琴平宮や金毘羅宮などと呼ばれ、「こんぴらさん」の愛称で親しまれています。
全国にある金刀比羅神社・琴平神社・金比羅神社の総本宮。


金刀比羅宮の祭神は、大物主命(おおものぬし)と崇徳天皇。
大物主命は海上交通の守り神として信仰されていて、漁師さんや船員など、海に関わる仕事のひとから崇拝されています。また、農業殖産・医学・技芸(音楽・芸術関係)の神としても有名。


また、こんぴらさんは階段の多さでも有名です。
本宮までの道のりの階段は全部で785段あります。奥社までは1368段もあり、この階段を活かしたこんぴら石段マラソンも毎年開催されているそうです。石段を駆け上がるマラソン 過酷そうですね・・・


実は本宮までの階段は786段あり、手水舎の手前で一段下がっていて785段にしてあるそうです。
786は「なやむ」を連想させ語呂がよくないと、一段下げたとも言われています。


本宮まで登ったら、ぜひ買っておきたいのが「幸福の黄色いお守り」と、石段365段目の大門を抜けたところにある五人百姓(飴屋さん)の「加美代飴(かみよあめ)」。
扇子型のべっこう飴で、小さなハンマーで割って食べるという変わった飴です。これもこんぴらさんの名物の1つなので、参拝した際にはぜひGETしたいですね。


こんぴら参りのTPO


こんぴらさんは、観光スポットでもあるので小さな子どもを連れた家族、カップル、熟年カップルまで老若男女が訪れます。
これだけの段数を登るにはそれなりの服装をして行かないと登り切ることが難しいです・・・


特に女性はヒールを履いて行くのは無謀ですね。
また、スカートもおすすめできません。階段下から見えてしまいます(笑)


友人がこんぴらさんへ行った時も、似たようなこと言ってました。
登山スタイルまではいかなくても、スニーカー・リュック・パンツで行くべきだ!って。


友人が見かけた若いカップルは、彼女はヒールでミニスカート。
下からスカートの中、丸見えだし、ヒールも痛そうで、本宮に辿り着く前に断念してたとか・・・
彼氏の気配りが足りないデートプランですね。若い時はよくあることですが・・・


そもそも、そんな階段が多いところへ行くなら服装を考えた方がいいですよね。
TPO(時と場所に応じた服装と振る舞い)といいますが、あまり考えていない人も世の中には多いです。


前の職場で一緒だった若い子が「TPOをわきまえて」という上司の話しを、なにを聞き間違えたのか?「VIOとワキの前に」っていいませんでした?どういうことですか??」と聞いてきたことがありました(笑)


TPOとVIO、Oしかあってない(笑)
若い子たちにTPOって伝わらないみたいです。


時と場合によっては、VIOの処理も必要になってくるとは思いますが、普段は見えない所です。
きちんと処理しておけば、いざ!という時に慌てなくてもすむかもしれませんが・・・


どこへ行くにも、それなりの格好をしなければ行けないのが大人。
山を登るなら動きやすい服で。儀式や祭典などにはフォーマル。
身だしなみも整えることも大切です。厳粛な式典の時に、ムダ毛生えっぱなしも失礼にあたるのでムダ毛もTPOを考えないとですね(笑)