香川コラム

香川 鬼ヶ島伝説 毛深い鬼さんをリアル鬼退治!?

昔話 桃太郎や一寸法師に出てくる鬼ヶ島。
各地で様々な伝説が伝えられていますが、香川県高松港の沖合にある女木島もその1つです。


女木島は北側にある男木島と雌雄島。
1931年に見つかった人工の大洞窟と桃太郎伝説をむすびつけ、女木島に鬼ヶ島という愛称がつけられました。
この洞窟に鬼が棲んでいたと言われ、女木島の観光のメインとなっています。


鬼ヶ島大洞窟。
奥行き約450mの入り組んだ洞窟で、現在は観光用に看板や鬼の人形が配置されています。


昔から、鬼は人に災いをもたらす恐ろしい・恐いものを象徴するものに例えられています。
日本の昔話や物語でも悪役として登場してきています。
また、地獄で閻魔大王の部下?として働くのも鬼がよく登場してます。(アニメ ドラゴンボールでも出てきてます☆)


鬼と聞いてどんなのをイメージしますか?


鬼のイメージ


ワタシは、角が2本あって髪の毛はグルグルした巻き髪。目は大きくてギョロッとして、眉毛も太い。
大きな口から牙が2本はみ出している。
ムキムキしたガッチリ系の体格で、胸毛や腕毛・すね毛がもじゃもじゃ、トラ柄のパンツを履いて手には金棒を持っています。 アニメやイラストなどでもよく見かけるTHE鬼 です(笑)


節分の季節になると、子どもが鬼の絵のぬりえを持って帰ってきて塗ってましたが、赤か青にで色塗りしてプラスしてヒゲや眉毛も真っ黒にしてました。鬼は毛むくじゃら。というイメージを持っているようです。


親戚のおじさんに、この鬼のイメージにほど近い人がいて、子どもたちは小さいころ、おじさん見るたびに泣いてました(笑)

すごく優しくて会う度にお小遣いもくれるし、子ども好きなんですが、見た目が強面なので・・・

ワタシにもちょっと責任あるんですよね・・・
子どもが悪い子として言うこと聞かないと「鬼さんくるよ!」って脅してたので、子どもはおじさんが鬼だと思い込んでたみたいです(笑)


おじさんの見た目は、もみあげ長くて、髪はオールバック。
目も大きくて、眉毛も太い。(目は優しいんです)
腕毛も濃いし、胸毛も生えてる(シャツからはみ出してる・・・)から、イメージしている鬼さんに近かったんです。


おじさんも、子どもたちに好かれようと必死で
「どうしたら泣かないだろうか?」と真剣だったので、
「もみあげと腕毛と胸毛をどうにかしたら別人になれるかもよ。」と冗談半分でいったら・・・


翌月会った時にツルツルになってました(笑)
人生初の除毛クリームを使ってみたそうです!


おかげで?子どもたちは泣かなくなりました。鬼さんじゃなくなったので(笑)